A'kin(エイキン)エイジングケア ブースターオイル

A’kin(エイキン)エイジングケア ブースターオイルは、オーガニック国際認証機関であるCOSMOS ORGANIC認定ローズヒップオイルをベースに、ざくろやホホバ、マカダミア、南五味子など13種類の植物エキスを配合したエイジングケア用ブースターオイルです。

ここではA’kin(エイキン)エイジングケア ブースターオイルを実際に使ってみた管理人の口コミをご紹介!またエイジングケア ブースターオイルの特徴や、通販情報などもあわせてご紹介します。

A’kin(エイキン)って何?という方は最初から、管理人の口コミをすぐに知りたいという方は「エイジングケア ブースターオイルを使ってみた」から読み進めてみてくださいね。

「A’kin」ってどういう意味?

A'kin(エイキン)エイジングケア ブースターオイル

  • A:Australian Made and Owned 純オーストラリア製
  • エイキン(A’kin)は1987年にオーストラリアで生まれた、ナチュラルスキンケア&ヘアケアブランド。自社内の植物化学者との共同開発で、高品質な天然美容製品を独自に企画・製造しています。

  • K:Kind to your skin and the environment 肌と環境への優しさ
  • 動物実験に反対の立場を取り、ヤシ油、蜂蜜、蜜ろう等の動物の副産物も一切使用しない100%ビーガン、またハラル対応のブランドです。

    さらに過剰な包装を避け、温室効果ガス排出量削減、リサイクル容器の使用等、環境保護へも配慮しています。

  • I:Ingredients: pure, natural and of the highest quality 成分:純粋、自然、最高品質
  • 高水準の植物有効成分の使用、エイキンのこだわりである二酸化炭素抽出(Co2抽出)、臨床研究による裏付けにより、最高品質の商品をお届けしています。

  • N:No Nasties 不要なものの排除
  • 厳選された原料のみを使用し、パラベン、硫酸塩、エトキシル化洗浄剤、シリコン、鉱物油、フタル酸エステル、DEA、人工着色料、人工芳香剤は一切使用していません。

これらのことは、上の写真のエイジングケア ブースターオイルが入っている箱の側面にもしっかりと記載されていますね。

オイル美容って何?

オイル美容とは、植物や動物から抽出したオイルを使ったスキンケアのこと。植物性オイルにはホホバオイルやオリーブオイル、ココナッツオイル、ローズヒップオイルなどが、動物性オイルにはスクワランオイルや馬油などがあります。

角質層には角質細胞とその隙間を埋める細胞間脂質があり、細胞間脂質が細胞どうしの間を埋めることで水分を維持し、肌のうるおいを守っています。

細胞間脂質はその名前のとおり油分との相性が良く、美容オイルはとっても肌なじみが良いのが特徴です。細胞間脂質のすみずみまで行きわたり、肌のバリア機能をアップし水分をキープする働きをするのが美容オイルなんですよ。

ローズヒップオイルとは?

ローズヒップオイルは野バラの種子から抽出したオイルのこと。リノール酸やα-リノレン酸などの必須脂肪酸、β-カロテンなどの抗酸化成分を豊富に含み、その90%以上が美容成分だと言われています。

肌にうるおいとハリを与え、ターンオーバーを促進することでシミやシワを改善。またレモンの約20倍と言われるビタミンCによる美白効果などが期待できるんですよ。

A’kin(エイキン)ローズヒップオイルの特徴

A’kin(エイキン)では植物オイル・植物エキスの抽出に際し、他ブランドではほとんど採用されていない二酸化炭素抽出(Co2抽出)という方法を用いています。

熱や酸素、溶媒を使用しない二酸化炭素抽出によって抽出されたオイルは、有用成分の劣化が極めて少なく、より純粋で高濃度なオイルになります。

また酸素に触れないため、酸化しやすいオイルも新鮮な状態のままでお客様の手元に届けることができるんですよ。

エイジングケア ブースターオイルの成分とその効果

ローズヒップオイル

上でも見たように、他の植物オイルと比較して非常に美容成分を豊富に含んでいるのがローズヒップオイル。

エイジングケア ブースターオイルには、二酸化炭素抽出によってよりフレッシュでピュア、より濃縮されたローズヒップオイルをベースとして使っています。

A’kin(エイキン)のローズヒップオイルはオーガニック国際認証機関COSMOS ORGANIC認定のオイルなんですよ。

ザクロ種子エキス

ザクロ特有の不飽和脂肪酸「プニカ酸」や抗酸化成分、植物性エストロゲン様物質などを含み、高い保湿力や肌老化を防止する働きを持っています。

ホホバオイル

ホホバの実から抽出したオイルで、ヒトの皮脂と似た成分を含んでいるため肌になじみやすく、肌のうるおいを保つ働きをしてくれます。

マカダミアオイル

オレイン酸やヒトの皮脂に近いパルミトレイン酸などの不飽和脂肪酸を多く含み、“消えてなくなるオイル”と言われるほど肌なじみが良いオイルです。保湿効果や肌の柔軟性を保つ働きが期待されます。

南五味子

サネカズラの生薬名が南五味子(ナンゴミシ)。天然のピーリング作用があります。

エイジングケア ブースターオイルにはこれらの成分の他、13種類の植物エキスを配合しているんですよ。

エイジングケア ブースターオイルの原材料

A'kin(エイキン)エイジングケア ブースターオイル

カニナバラ種子エキス(ローズヒップオイル)+^、エチウムプランタギネウム種子油*、マカデミアナッツ脂肪酸エチル*、スクワラン*、ホホバ種子油*、マカデミア種子油*、ヒポファエラムノイデス果実エキス*^、センニンコク種子エキス+^、ザクロ種子エキス+^、ビサボロール、ローズマリー葉エキス+^、カミツレ花エキス+^、トウキンセンカ花エキス+^、ヒマワリ種子油*、南五味子果実抽出物+^、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル*、トコフェロール(ビタミンE)、リンゴ酸+、ベータカロチン*

+認定オーガニック *植物由来 ^ CO2抽出

エイジングケア ブースターオイルの使い方

A’kin(エイキン)エイジングケア ブースターオイルはクレンジング後、化粧水の前に使用することで、化粧水のお肌への浸透を良くするブースターの役割をしてくれます。

  • 2~3滴を手に取り、顔や首、デコルテにやさしくマッサージするようになじませます。
  • あたたかい肌、少し湿らせた肌にのせるとより早く吸収されるので、手のひらで少し温めてから使用するのがおすすめです。
  • 肌がより栄養を必要とする寒い時季には、A’kin モイスチャライザーに1~2滴プラスして使用すると、より保湿効果が上がります。

エイジングケア ブースターオイルを使ってみた

A'kin(エイキン)エイジングケア ブースターオイル

A’kin(エイキン)エイジングケア ブースターオイルは、ボタニカルブランドらしい素朴で清潔感のある木目調の箱に入っています。

A'kin(エイキン)エイジングケア ブースターオイル

20ml入りの容器はとっても可愛いサイズ。回して外す黒い蓋はスポイトになっています。

A'kin(エイキン)エイジングケア ブースターオイル

スポイトで吸い上げたエイジングケア ブースターオイルです。箱に印刷されているA’kinの文字と同じ金色というか、濃いオレンジ色にも見えるオイルです。

A'kin(エイキン)エイジングケア ブースターオイル

1滴だけ手の甲にのせてみました。オイルというだけあって、ほんの少しですがトロンとしたテクスチャーで、肌に落とした状態から形が崩れていませんね。

A'kin(エイキン)エイジングケア ブースターオイル

肌に伸ばしてみるとすご~く良く伸びる!本当に2滴あれば十分顔全体に伸ばせるんじゃないかな。

浸透力も抜群!伸ばすそばからあっという間に肌に浸透していき、最初に感じたトロンとした感触が一気にサラサラになります。

もちろんベタツキも一切なし。オイルってこんなに肌へのなじみが良いんだ!というのが実感できます。

ただちょっと気になったのが独特のニオイ。

ローズヒップオイルって初めて使うので、これがローズヒップオイル特有のニオイなのかどうかは分からないんですが、これまでにあまり経験のない香りなんですよね。

わたしは嫌いなニオイではないですが、人によって好みが別れるかも分かりません。

管理人の口コミ まとめ

1週間ほど使っての感想ですが、確かにエイジングケア ブースターオイル使用後の化粧水の入りが良くなります。

またお肌のしっとり感・もっちり感が増して、保湿されているんだな~というのが実感できますよ。

ピーリング作用のある成分も入っているので、使い続けることでくすみケアやシミのケア効果が期待できるのもうれしいところです。

独特のニオイですが、最初こそ戸惑ったものの、わたしは使っているうちに良いニオイだと感じるようになりました。もちろん、最初から良いニオイだと感じる方もいらっしゃると思いますよ。

A’kin(エイキン)エイジングケア ブースターオイルは、今のお手入れにプラスするだけでうるおいのある肌、透明感のあるなめらかな肌へと導いてくれる、実感力の高いエイジングケアオイルだと感じました!

管理人以外の口コミ

ネット上(ブログ等)に公開されている、A’kin(エイキン)エイジングケア ブースターオイル愛用者の方の口コミをまとめました。

A子

エイジングケア ブースターオイルを使うと、ローズヒップオイルの香りがリラックスタイムを極上のものにしてくれます。肌にスッと浸透してなじみ、オイルなのにベタツキもありません。特別な日のスペシャルケアに使いたいスキンケアです。

B子

ブースターオイルなので洗顔後の肌に使用します。手のひらで温めてから顔全体になじませると、ス~っと浸透して次に使う化粧水の浸透も良くなります。ローズヒップオイル独特のニオイがします。エイジングケア ブースターオイルを使うようになってから肌のハリがアップし、またピーリング効果でくすみがなくなり肌の透明感・トーンもアップしたと感じています。

C子

クレンジング後に手のひらで化粧水と混ぜて使っています。ベタツキはまったくなく、でもしっかり保湿されているようで、いつものお手入れなのに肌に弾力が出てもっちり・つるんという感じになります。透明感のある肌におすすめということですが、毛穴ケア・乾燥ケアとしても良いなと感じています。手やデコルテのケアにも使えますよ。

※著作権の関係上、意味内容は変えずに文章表現を一部調整してご紹介しています。

エイジングケア ブースターオイルのお値段は?

A’kin(エイキン)エイジングケア ブースターオイルの内容量・お値段は、

  • 1個:内容量 20ml
  • 価格:6,200円(税抜)
  • 送料:地域別(10,000円以上のお買い上げで無料)

となっています。

  • お支払方法
  • クレジットカード決済(VISA、Master、JCB)
    Amazon pay
    楽天ペイ(楽天カード、VISA、MasterCard、JCB)

  • 配送業者
  • ヤマト運輸


商品価格(税抜)の1%がポイントとして付与されます。ポイントは1ポイント1円として使えますよ。

まとめ

A'kin(エイキン)エイジングケア ブースターオイル

A’kin(エイキン)エイジングケア ブースターオイルは、オーガニック国際認証機関COSMOS ORGANIC認定のローズヒップをベースに、13種の植物エキスをブレンドしたエイキン最強のエイジングケアオイルです。

パラベンやシリコン、鉱物油、合成着色料、保存料、人工芳香剤等は不使用。100%ビーガンのボタニカル製品です。

ぜひあなたもA’kin(エイキン)エイジングケア ブースターオイルで、ハリとツヤ・透明感のある肌を実感されてはいかがでしょうか。